ボトックスの副作用を回避!製品を選択するということが基本

フラットな眉間をゲット

顔に触れる女性

読書で生じるシワを撃退

様々な価値観に触れられるなど、読む度に見識が広がっていくのは読書ならではのメリットです。ところが、本を読んでいる最中は意外と目に力が入るため、無意識で眉間にシワを寄せている場合が少なくありません。眉間は乾燥しやすい部分なので長時間シワを寄せ続けますと、普通の表情でもシワが残ってしまう場合があります。読書が美容の敵と呼ばれるのはそのような理由もあるからですが、そんな時に利用できるのがシワ取りボトックスです。ボトックスを眉間ジワの発生源である表情筋に打てば、その筋肉が動かなくなり、眉間にシワを寄せる仕草をしても、シワができなくなります。この整形治療を受けておけば、どんなに多読をしてもフラットな眉間をキープできるため、美容面を気にせず読書が楽しめるのです。また、美容整形とはいえ注射で済む簡単な施術ですから、切開治療のような大きな副作用はありません。注射針を刺す時の痛みは副作用に数えられますが、部分冷却や塗布麻酔などで痛みを軽減できるので安心です。ボトックスは1度の注射で4カ月から半年近く効き目が続き、効果が切れる時期に再び利用すればシワの改善効果を継続できます。治療回数が増える度に持続効果が延びるため、だいたい5回程度リピートすれば、治療を止めても効果は続くのが一般的です。ワクチン注射や血液検査は麻酔をしなくても行えるように、シワ取りボトックスも麻酔は必須項目ではありません。それだけ痛みの副作用が少ないことを物語っていますが、これは施術で使う注射針の細さも関係しています。血液検査では採血組織を傷つけない目的から、20Gといったかなり太いサイズの針が使われているのです。それに対してシワ取りボトックスでは、30G以上の細いサイズが使用されており、美容整形外科によっては34Gクラスの極めて繊細な針を用いています。そのためシワ取りボトックスは、血液検査より注射針を刺す時の痛みが小さくなっているのが特徴です。そのほか、シワ取りボトックスでは、表情が無機質になるといった副作用が挙げられる場合もあります。ただしこれは薬の副作用ではなく、適量以上のボトックスを打ったために生じる人的副作用です。なので、各患者に合った最適な注入量を導き出せる熟練医に治療してもらえば、まず起きにくい症状となっています。もしも経験の浅いドクターに治療してもらった場合など、万一表情が多少固くなりましても、薬の効き目が終わればその症状も消えるので心配ありません。そして、内出血も副作用の1つですが、これは元々稀な事例のため、術後の過ごし方にも気をつけていれば滅多に発生しないとされています。

Copyright© 2019 ボトックスの副作用を回避!製品を選択するということが基本 All Rights Reserved.